あさみあきこプロデュース


概要

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
浅見亜希子(プロデュース)
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

ばらの騎士(91.3)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


あさみあきこプロデュース「ばらの騎士」3月22日7時半(1:40')
銀座/みゆき館劇場 前1800円、当2000円 3/21〜24(6ステ)
作/中山可穂 演出/渡辺真理子(どんぺい劇団) 03-3624-0361 客60(8割)

月に15本位芝居を見るという小劇場ファンの浅見亜希子氏(20才)が、自分
の好きな役者・スタッフを集めてプロデュース。このこと自体、スゴイ!

つか的台詞と少女趣味ラブロマンスのせめぎあい。作家の性格だろ。

奈良県のある町でシズカという名の少女達が次々と姿を消した。県警の兵藤刑事
が連続殺人の匂いを嗅ぎ付け捜査に乗り出す。あの薔薇園があやしい・・・。

800年前、源義経と静御前の熱き思いは、歴史のうねりの中で南海の藻屑と消
えた。いつの日か、別の世で添い遂げようとの堅い契りを残し・・・。

んでまあ、ばらの騎士こと義経の生まれ変わりと、現代っ子女子中学生と、刑事
の対決でクライマックスするわけで・・・。シズカ役の子がスゲー活舌がよくて、
すんげぇ可愛いんだけども(もちセーラー服よ)、作り声が、どーしてもおぢさ
んにはアダルトアニメのよーに思えてしまい・・・うっ・・・。

演出はオーソドックスな作りで、戯曲の世界を表層的になぞったにすぎない。中
山氏はあそこまでロマンチックで満足なんだろか・・・でも、復帰おめでとう。
生きててよかった・・・。

見終わって「好きな役者集めてプロデュース・・・、継続しなきゃ意味ない。が
んばって続けて欲しいよね。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)