バジ・ワークシアター


概要

構成員
主な作家
福士惠二
主な演出家
福士惠二
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.8 グラマラス キャロル (90.9)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


バジ・ワークシアター Vol.8 「グラマラス キャロル」9月24日2時(1:20')
渋谷・ジャンジャン 1800円 9/20-24(田端ディプラッツで10/10-14あり)
作・演出/福士惠二 03−391−9686

福士惠二が元天井桟敷だってーのと、チラシのデザインがかっこよかった
って理由で見たの。肉体的な芝居らしいし。
ひとことで言うと「かなり倒錯」。鳥の世界(きびたきらしい)を肉体で
表現。求愛行動とかを人間でやったら、そりゃーかなりグロテスク。鳥に
嫉妬とかあるのか知りませんが、エロチックな不思議世界でした。が、せ
っかく私が「あっ、変なのっ!」って感じてるのに、それをつかまえてく
れないのね。そーゆー感情を舞台に引きずりあげて、ぐわんぐわん揺さぶ
って欲しいのに、結局「あァ変だった・・」で終わっちゃった。残念。チ
ラシ負けだよお(写真/神林立子、宣伝美術/森崎偏陸、美術/羽川孝一)。

見終わって「アイディアが刺激的で面白いし触発されるけど、そのわりに
心に残るものがない。たまにゃあこおゆうのもいいか、って
感じさ。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)