BeSeTo演劇祭


概要
BeSeToは北京、ソウル、東京の頭を取って並べたもの。

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

続ジョン・シルバー (95.11)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


11/3(金)7:00-8:30PM 晴 新大久保・Pグローブ座 第二回BeSeTo演劇祭
 「続ジョン・シルバー」 作:唐十郎 演出:岩松了 前売当日4000
 1F4列目中央から 客席7割(1F8割(300)、2F(10)、3F席なし)

 舞台。海が見える古びた喫茶店。入り口と階下にあるテーブル、クッションイス
 時代遅れのステレオから当時の歌謡曲とか。

 お話。宝島に誘うジョンシルバーを心待ちにする女・小春。小春を愛しながら、
 受け入れられない夫である喫茶店ボーイ。ボーイは幻想の中でだけ、小春の中に
 いる少女と心通わせるのだが。叙情性と奇天烈な荒くれが同居した唐十郎世界。
 をなんとまあ岩松了演出+大人計画の役者(キャスト下記)で。ねこ初見作品。
 カットや挿入あるか、??。演出はともかく、オリジナル本に忠実なような。ラ
 ストの怒り爆発は違うかも。

 冴え冴えとした舞台。を変な奴らが攪拌。また、冴え冴え。テントの唐芝居なら
 夢幻と感じる場面、荒くれ男達で高揚するとこも、き○がい沙汰?と冷めて感じ
 るねこ。男女のぎりぎりを透徹して描いてたような。唐さんのが果実酒なら、ジ
 ン、スピリッツのような印象。面白い。

 役者。今回はこれ一番楽しみ。男優がいい。松尾スズキ、宮藤官九郎が突出。松
 尾さんはクールに苦悩。でも、変な振りもあって楽しませて、とほほさが泣かせ
 る。宮藤さんの役は、状況劇場では大久保鷹がやったのかなあ。大ばかっぽさが
 ○。井口さんは出る度、役者になっていく。じょじ伊藤さん、無表情なギター
 伴奏。なんだか良かったねこ。伴奏といえば、ラスト近くの和太鼓どんどんも○
 男祭りじゃ!と燃える男達の背後で、男女の悲劇がカタルシス迎えるとこのやつ
 (11/3-6 4ステ 水戸公演あり)

 キャスト 緑のおばさん:猫背椿 少女:丸山昌子  ボーイ:松尾スズキ
      竹屋:宮藤官九郎   小男:増井克桂  キセル男:林和義
    姉:じょじ伊藤 弟:中野順一郎  父親:池津祥子
      母親:井口昇     少年:清田正浩  小春:岩川納子


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)