ちゃかぽこ調書


概要

構成員
主な作家
洞口ゆずる
主な演出家
洞口ゆずる
主な役者
黒田なおめ
西未花
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

悪い夢を見ないようにお話してあげる (90.9)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


ちゃかぽこ調書「悪い夢を見ないようにお話してあげる」9月15日3時(1:35')
新宿シアターモリエール 自2200円、指2500円 16日まで
作・演出/洞口ゆずる 03-335-7021 大阪06-855-1481(淵野)

「ちゃかぽこを観ずして、関西劇団を語るなかれ。」とネビュラが言うから、
見たんだ。始まった瞬間、別役のニオイ・・・違うけど、そうこうしてるう
ちに「サラリーマンが帰らない」なんて話しに・・・、あったよなあ。

妻はアル中で、子供は猫やってるんで、帰りたくない。会社で不倫したりし
てるけど、会社にも行きたくない。公園でビール飲んでて、変な男と出会っ
た。そして・・・。どのエピソードも中途半端だなあ。妻のアル中だけで、
物語はできるし、子供が猫になったり父を探すんだって、一話だし、帰らな
いサラリーマンの冒険なら、長編ができるだろう。客演の「変な男」の存在
感が大きく、よけい話しを散漫にしてしまったい。最後にタイトルに戻り、
家庭へと帰るんだけど、そこから話しは始まるのになあ・・・。

黒田なおめ(女優)は語るに値するか・・・しかし、うまいけど、ワキ役し
てたなあ。リアクションとか完ぺきなんだけど、突出してはいなかったから。
彼女で一本書くべきだよ。12月、同劇場で「眺めのよい部屋」を再演だと。



眺めのよい部屋 (90.12)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


ちゃかぽこ調書「眺めのよい部屋」12月23日3時(1:30')
新宿/シアターモリエール 自2200円、指2500円 12/21〜24(6ステ)
作・演出/洞口ゆずる 06-855-1481 客70(7割)男女=3:7

阪大演劇部から82/3結成。女優の黒田なおめと西未花が2枚看板。身近な
生活空間に題材を求め、非日常的な世界に広げていくという・・・。

トイレで産み落されたという主人公と、トイレにまつわる両親とお友達と、
その他の人々の物語。トイレパラノイアっつーより、スカトロちっくな印
象となったことを制作側は知らないだろーなあ。

黒田・西の二人芝居にすべきなのに、トイレのアイディアのウエイトが重
すぎる。アイディアだけじゃ評価されない。二人に決闘させなくちゃ。せ
っかく使える女優が二人もいるのに、楽してる。丁丁発止の罵りあいとか、
期待したのになあ。額縁の向こうの芝居だ。

見終わって「キャラメルとか21世紀FOXとかとの連続公演の時より、
入りが落ちた。東京での評価が定まったかも知れないぞ。」


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)