アガサ・クリスティー劇場


概要

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

蜘蛛の巣

======================================================================
【 蜘 蛛 の 巣 】   アガサ・クリスティー劇場
--------------------------------------------------------------------
  英国貴族風の上品な翻訳推理劇。わけありの家の居間に突然現れる死体、
  愛する人をかばおうとする善意の嘘。だが嘘は嘘をよんで蜘蛛の巣となり
  、人々をからめとって翻弄してゆく。コメディー・サスペンスとあるとお
  り、殺人事件にしては緊張感や深刻さは希薄で、むしろ非日常での人間模
  様と知的な謎解きのスリルを楽しむ。家族愛の賛美が基調にあり、最後に
  はちゃんとまとまる、無難な芝居だ。主演の藤田朋子は、明るさに好感。
======================================================================
  5/20ソワレ              アートスフィア 既に終了

《感想》
・お茶の間のテレビで映画かホームドラマをみているような感覚にとらわ
 れた。特に、中盤の刑事の訊問シーンでは、『刑事コロンボ』あたりを
 連想させるものがあった。
・コメディー・サスペンスとはよくいったものだが、どっちつかずの中途
 半端さは否めないように思う。
・人間を殺すということへの畏怖が、コメディー色によって薄められてい
 るためか、伝わってこないのだ。そこで重しがきいていないために、劇
 全体がゆるんでしまっているようだ。
・コメディーとしても、仕掛けが上品というか、じじくさい感じがする。
 英国風味というのが、この点では悪い方に出ているように思う。
  ・蜘蛛の巣も愛情ゆえの産物であり、最後にはほつれが解けてハッピーエ
   ンドになる。つまり基調としては家族愛の賛美がある。この点が、年齢
   層の高い客層にアピールするならば、それは評価されるべきだろう。
・主演の藤田朋子は、メリハリには欠けていたけれど、楽天的な明るさの
 魅力が、この芝居にマッチしていたように思う。他の芝居でもみてみた
 いものだ。

  = 次回作は? =  「招待券が当たるといいなあ」

----------------------------------------------------------------------
 【蜘蛛の巣】 アガサ・クリスティー劇場
  作:アガサ・クリスティー 訳:加藤恭平 演出:鵜山仁
  美術:石井強司 照明:原田保 音響:深川定次
  出演:藤田朋子(クラリサ) 瑳川哲朗(ローランド卿) 秋野太作(ロー
     ド警部) 榛名由梨(ミルドリッド) 堀米聡(ジェレミー) 他
  1994.5.10-22 品川:アートスフィア 全席指定(S7000 A6000)
  5/20(金)18:30-21:30 2列目中央より観劇 客入り:9割
----------------------------------------------------------------------


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)