ドラマティック ミュージカル シアター マガジン


概要

構成員
主な作家
水口馨
船越栄一郎
主な演出家
船越栄一郎
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.19 Love Me Do!(90.10)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


ドラマティック ミュージカル シアター マガジン Vol.19 「Love Me Do!」
10月25日7時(2:30'-10'休) 新宿・スペース107 10/24〜11/4
前自2700円、前指3000円(当日300円+) 03-363-3490
作/船越栄一郎・水口馨、演出/船越栄一郎 客100/150(男女=2:8)

船越栄一郎は、俳優の船越栄二の息子、だよね。ホリプロのサポートあり。

ロカビリーブームが去って経営がピンチのライブハウスに、二人の天才ミュー
ジシャンがやってきて、危機を救う。1963年。バンドを結成し、レコード
デビューが決まったところで二人は消える。お定まりの青春群像。見せ場は生
演奏とダンス。踊る踊る。歌も主役以外はまあまあ。芝居だってみんな、何か
にとりつかれたように熱演。なんだかんだ言っても、細かいとこまでキチンと
作ってるとこはエライ。稽古もいっぱいしてるし。・・しかし、なんのクリエ
イティビティもない・・・それでいいのかなあ。ダンスだって、今ディスコで
踊られてるカッコイイのじゃなくジャズダンスだし・・・。それでもお客をち
ゃんとキャッチアップしてるからいいのか。(おっと客演の萩原祥加の実物は
太かった)ジャニーズ系の男の子達と、OLっぽい女の子達が印象的。

見終わって「私も、歌って踊ってポンッ!が、やりたいなあ。身体が動かないけんど」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)