慎蹲供思


车妥
豁抗ろばの闪く腔泰な坤肠が胎蜗の粪媚。

≥≥≥≥≥≥笆布、∝カスパ〖浊子≠措茶今より≥≥≥≥≥≥
 1987钳∝どんぺい粪媚≠として代刁げ。
 笆惯、郝烧き侯踩豁抗らばによるオリジナル侯墒を惧遍。
 古剂なリリシズムに邦れる父鳞弄な神骆宠瓢を鸥倡する。
 1992钳∝咐驼という不弛を琳でる叁しい弛达でありたい≠
 という搓いを哈め、粪媚叹を∝慎蹲供思≠と猖める。
 1993钳∝欧收の檀≠にて代刁げ。
 囱狄瓢镑も缅悸に笼やし、1995钳1奉にはスズナリに渴叫。
 さらなる若迢を誊回す。
≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥≥

菇喇镑
肩な侯踩
豁抗ろば
肩な遍叫踩
豁抗ろば
肩な舔荚
等铂赊叁灰
八澎贯舒韦
弓昆磐斤笆
糯录财碴
疲版靠统叁
少尺唉
艇揪タケホ
抗铂登灰
雹怀岔叁
岿塑物
肩なスタッフ
粪媚の给及ホ〖ムペ〖ジ
慎蹲供思

册殿の给遍

Vol.1 欧收ノ檀 (93.3)

Vol.2 ユダの咯骂 (93.9)

Vol.3 欧蝗の挝拌 (94.4)

息鲁给遍≈稍蛔的它糙独∽ (94.9-10)
Vol.4 央漆の旁 (95.1)
Vol.5 カスパ〖浊子 (95.12)


粪媚リストのペ〖ジへ

央漆の旁


---------- ≮ 央 漆 の 旁 ≯ 慎 蹲 供 思 ----------

 脚いが迫泼の帝苞蜗のある神骆だ。

 芹られた绘室に、∝湿胳をはじめる涟に≠という豁抗ろばの承え
今きがある。ベティˇブル〖という鼻茶に、≈∝极尸という赂哼の
稍哼≠は唉なんかじゃ虽まりやしない∽、というメッセ〖ジを粕み、
それを梦りながら唉に陡うベティを≈たまらなく磊ない∽と今く。

 ≈磊ない∽と今いてしまう豁抗はおそらくそんな唉から极统では
ありえず、それでこの记碉がある。ふたたび豁抗のことばを稼りれ
ば、おそらくは、办硷の≈掸り∽として。

 かなりあホテルを沸蹦する其盟は、迫极のロマンチシズムから、
あえてわけありの狄を滇める。そこに傣寥かの盟谨がやってきて、
それぞれに稍材蛔的な唉をつづってゆく。

 澄かな极甘というものを涟捏としない唉を挛附する傣寥かの盟谨
の赁厦は、もちろん柔粪弄冯琐を忿えざるを评ないが、それだけで
は神骆に掸りの掐り哈む途孟はない。それで赁厦の坤肠の嘲に、胳
り缄としての警谨が芹されることになる。

 この警谨の哼り数は烫球い。胳りはじめるにあたっては、警谨は
链くの痰梦である。そして、塑を缄に胳りはじめると票箕に、胳ら
れる坤肠の柒婶にも刊掐し、そこである泼年の客粗とだけ儡卡を钓
される。それが部肝かは溪に棱汤されることはない。警谨がホテル
の沸蹦荚の灰丁であるという绩憾も、唉の萄脊から屁れ叫た滥钳と
企客で塑を誓じるラストシ〖ンも、棱汤されない。

 タイトルの央漆という咐驼の滦盗胳として、粪面に驴く蝗われる
笔斌という咐驼がある。笔斌という咐驼が海という央漆の极尸から
あいまいに誊をそらすためにしか晶えられることのない唉がある。
笨炭、そして井回の乐い诲というのも票じことだ。

 极尸を刮年したいがために、极尸を热した攘逼との笨炭を办数弄
に慨じようとしていた蜕は、呵稿には笔斌を滇めることをやめて央
漆の唉に栏きることを联买し、井回の乐い诲を极ら回ごと们ち磊る
のだから、そこには毋嘲弄に、唉の搀牲への名しがあるようにみえ
る。だが、それより黎の刮年弄な绩憾はまたもやない。

 辊绳の谨と黔を息れた警钳は秽んだ。坤肠の面で蜕はますます陡
丹を考めるかもしれないし、坤肠の嘲で警谨は痰梦のままかもしれ
ない。警なくともそう貌くことは材墙であって、掸りがあえてその
ようにほのかであることに、送は磊なさではなく可さを炊じとる。

 せりふは、铭谦に联られてはいるが、箕擂赦く。どうやら、舔荚
が、链挛弄に布缄である。せりふの藐据拉と遍叫の络赌さを秦砷え
ない。肺概稍颅だろうか。介泣というせいもあろうが、もったいな
い。警谨の等铂赊叁灰と辊搬の谨の八澎贯舒韦とが面では磅据に荒
った。豁抗による叁窖と不弛は、涤塑の坤肠をしっかり毁えていて、
これは烫球い。

 これだけ今くとかなりしんどい。粕むのもしんどかろう。


布颂卖】ザˇスズナリ 1】22まで
------------------------------------------------------------
≮央漆の旁≯ 慎蹲供思 ACT 4
  侯ˇ遍叫ˇ叁窖ˇ联妒ˇ慷烧】豁抗ろば
1994.1.20-22 ザˇスズナリ 1.20 Fri Sw 柏灰2 塔镑
------------------------------------------------------------


粪媚リストのペ〖ジへ
にし←ど(nskd@enpe.net)