原子力遊園地


概要

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

陽あたりもいい町 (95.10)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


10/8(日)2:30-4:30PM 雨 鵜の木・安楽座 原子力遊園地(03-3756-7979)
 「陽あたりもいい町」 作:安部偲、八木千壽子 演出:安部偲、森永タカオ
 2列めから 客席3割(50人)

 ねこ初見。廃アパートで公演とか、場にこだわる彼ら。大田区の閉業した映画館
 での上演。駅からも見える外の豆電球電飾はかわいめ。夜の公演でのライトアッ
 プはどんなものかな。昭和30年代木造建物のぼろとしたフゼイ。トイレの水タ
 ンクは木とか。チケツは映画館のそれとかこだわり。場内ではアメリカンクラッ
 カー(かちかち連射はうるさい)とか夜店もの売ってたり。芝居の前に「予告編
 上演」。ほんとの映画予告のあと、劇団の上演写真と予告。旗揚げはダンボール
 紙で造った劇場でだったのね。

 お話。とある町、いい人達の生活スケッチ。と主人公?の青春の後悔->頑張ろう
 、かな。うーん。つまらない。期待もあまりしてなかったけど。やってることは
 日常的。だけど何をいいたいか、捉えどこない。短く重ねたスケッチが、まとま
 っていなくて、散漫。主人公の女性を中心に、1時間位だったらすっきりしたか
 も。それでも凡庸さは変わらないか。廃映画館でやった意図が芝居からは伺えな
 いのも、△。なんかあるかと思ったのに。役者も破綻ないけど、無難で△。井上
 さちこって子が、ほよーと浮いてて面白かったくらい。
 折り込みパンフのがちゃんとしてる。会場のいわれとか、映画のはなしとか12
 Pブックレット。芝居より面白かったねこ。2000年に「羽田空港滑走路・跡地」
 で公演らしい。そのころならまた行くかも。(10/3-10 11ステ)
 


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)