銀幕遊学◎レプリカント


概要

構成員
主な作家
佐藤剛
主な演出家
佐藤剛
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/3332/

過去の公演

劇団リストのページへ

SUNAの万華鏡 (94.8)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


8/14(日)5:00-6:10PM 晴 新宿・タイニイアリス 銀幕遊学◎レプリカント
 「SUNAの万華鏡」  作・作曲・演出:佐藤剛  客20人?

 白塗り、顔にペインティング・メイク。いろいろ擬音を声で。声を出した途端、
 無機質な感じから、突然人が現れるみたいで面白い。
 日常とそうじゃない仕草。クロックワークな動きには、可愛さも感じる。
 ライブの音楽は、楽しい。パーカッションとシンセ。ラテンフュージョンみたい
 のとか、心地良く走って○。

 アンケートが心理テストみたい。「砂時計では落ちていく砂、増えていく砂、
 どちらで時間を知ればいいのでしょう」「大声で言ってみたいこと」「雨の日の
 過ごし方を何通り知っているか」など。
 ちなみにねこは、落ちていく砂、雨降れ、2通り です。



(下の文章の文責:一寸小丸さん)


8/15 銀幕遊学◎レプリカント「SUNAの万華鏡op.4」本・曲・効果/佐藤剛
(新宿タイニイアリス) 1:11' 客30人 2800円

関西のパフォーマンスグループ。アリスフェス参加。バックのバンドがかっこいい。

男女8人によるパフォーマンスと、ドラムとキーボードとヴォーカルによる演奏が
共同作業。役者白塗り。音楽の乗り方や、コトバの紡ぎ方が「維新派」を彷彿させ
る。なんらかの影響ありと見た。動きは切れるが、コトバは維新派の方が上だ。ん
で、演奏は、7拍子の曲とかかっこいいし、特にヴォーカルのボイスが絶品。パフ
ォーマンス全体に占める演奏の要素が大きい。曲に乗せられていた私。生ドラムの
音圧が身体をゆさぶる。この効果は絶大だ。楽しかったぞ。

アートの中心は完全に京都に移ったよね(前からか)。関西のアートパフォーマン
スが東京を席巻する日は近い。確かに東京にもダンスのいいのはある。でも、音楽
や衣装・舞台美術やコトバや照明などを合わせたコラボレーションのできは、西の
方がずっと面白い。京都ではいろんなことが起こってるみたいだしな。うらやまし
いぞ。東では・・・Nestに期待死手るんだが。


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)