はみだし劇場


概要

構成員
主な作家
大町咲耶子
主な演出家
田町寛
主な役者
香川耕二
岡本麻弥
清水ベン
冬雁子
本多千恵子
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

KAIDO (93.9)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


9/11(土)7:30-9:50 くもり 新宿・花園神社境内   はみだし劇場
  「KAIDO」    作:大町咲耶子  演出:田町 寛

 野外の開放感。虫の音。本火の迫力。でも大映映画は・・。ねこ、うとうと。
 境内の木々を屋根とし、明治通りも垣間見える土舞台。16の鳥居をくぐって、
 客席へ。虫の音。車の音。客層が広い。幼児からジジババまで。出来上がってる
 おやじもいて。村の神社の芝居見物ですね。いい感じ。

 お話し。現代。走ることを辞めたマラソン・ランナ− ワタル(香川耕二)。
 やくざに折檻されるフィリピ−ナ リタ(岡本麻弥)を助けようとして撃たれて
 しまう。薄れる意識で幻視するのは、かつて街道にあった任侠一家・・。

 親分・十文字(香川)と女壷振師・楓(岡本)が、「カッコイイ」芝居します。
 テレビの前のおやじが、うんうん うなずいて見ちゃいそうな演技。
 男と女のいい場面で、ねこは体がかゆくなっちゃいました。ドウモスイマセン。
 こういうのも、たまにはいいか。(三木聡なら、お笑いにしちゃうな。)

 本火を背景にした、ラストの立ち回りは迫力あります。オ−トバイもなぜか走る
 し。野外の醍醐味ですね。ぱちぱち。
役者はとくにいうことありません。やくざじゃ、清水ベンが存在感ありました。
 世の中なめてる風なのがなんとも・・。


贋作進化論 あんこ玉 (94.1)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


1/28(金)7:30-9:30PM 雪 下北沢・ザ・スズナリ はみだし劇場
  「贋作進化論 あんこ玉」 作:大町咲耶子 演出:田村寛 客席9割

 男達の修羅の姿を。芝居はさておき、壮絶な題材がつらい。ねこには。
 いつも、花園神社で野外劇のはみだし。初?の劇場公演。
 
 お話し。江戸。とある牢獄。犬次(香川耕二)は自暴自棄の狂犬のよう。
 望まれずに生まれ、母親を憎みながらも憧憬する犬次。彼の心象世界を
 交えながら、囚人達のぎりぎりの過去を描いていく。
 
 芝居掛かりが時に鼻をつくけど、達者な構成、楽しめる舞台。なんだけど。
 愛しながら憎む。親殺し、子殺し。観てて、ちとつらいドラマの数々。
 犬次が開放されるラストは救い。なれどいささか、あっさり。もうすこし
 思い入れで引っ張って欲しかった。



贋・四谷怪談 (94.7)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


7/25(月)7:30-10:10PM 晴 新宿・花園神社境内 はみだし劇場
 「贋・四谷怪談」 本案:立松和平 演出:田村寛 超満員

 夏の野外はいいね。もっと遊んで欲しかったねこ。でも、お気楽お楽しみ。

 境内の林を屋根に。今回はいつもの土舞台じゃなく、セットを組んで。前方に
 水を張ったお掘り。その際、舞台から山状に階段でつないだ高さ、奥行きの
 あるセット。両脇4m高さのヤグラにもお客が入っての大入り。外では、焼肉、
 おにぎり、ビールなど売って、食べてがやがや。ちと、お祭りぽいのもいい。

 お話し。南北のあのお岩様(様をつけるのがお約束:以下略)は、怪談狂言。
 しかし、超有名のわりに、ねこは2年前、勘九郎・お岩観たきり。ちと怪しいR。
 歌舞伎の恐・美麗と違って、ピカレスクな味わい。色悪・民谷伊右衛門(香川
 耕ニ)が、すげえ自由と生に執着する。生きるために皆殺し。とんでも悪いやつ。
 仇討ちされるはず(だっけ)のお岩(冬雁子)の妹・お袖(本多千恵子)も殺し
 ちゃう。手前のつまんないミスで、喉切り死んじゃうはずのお岩も、手にかけ、
 ばっさりやっちゃう。うへー。ラストは、怨霊に囲まれ七転八倒なんだけど、
 首だけでも生きてやるとかいって、首に刀をズバット。でもなかなか死にません。
 たいしたもんです。わかりやすく悪くて、なかなか面白い民谷伊右衛門です。
 他もいろいろ改作してるけど、親しみやすくできてて、お気楽な怪談芝居でした。

 最後は、上手下手と外に火をかけて。暑いよ。最前列のねこは、火責め水責め。
 苦しく・・でも気持ちよく・・。とまではいかず残念ねこ。もっと水で遊んで
 欲しかったな。

 ここんとこ、役者を花火で打ち上げちゃう(しゃれ)くらいパワフルな野外劇
 がないような。箱庭劇って感じくらい。流山児でラストアジア2とか、維新派
 とか、どっか派手なのやんないかなあ。

 日曜までタイニイアリスで公演してた、中国・上海戯劇学院の役者さん達が観に
 来てました。彼らはこの芝居どうみたのかしら。ちと、興味があったねこ。


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)