ジョビジョバ


概要
わかりやすいお笑いで、人気上昇中の男劇団。

構成員
主な作家
児島雄一
主な演出家
児島雄一
主な役者
主なスタッフ
関連ホームページ
http://www.ken-on.co.jp/jovijova/

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.6 ジョビジョバ大ピンチ[微糖] (95.3)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


3/10(金)7:10-8:50pm 雨 多摩センター・パルテノン多摩小 ジョビジョバVOL.6
 「ジョビジョバ大ピンチ[微糖]」 作・演出:児島雄一  満員(300?)

 わかり易くて、可笑しい。間合いも○。以外きちんとのお話も好感。

 うわさのJOVI JOVA。初見。恒例演劇フェス、エントリ。他は自在社、TEAM 発砲・B/
 ZIN、痲び座、これっきりハイテンションシアター。観客アンケート+審査で一等100万。今回しか
 観てないけど、あげてもいいじゃないの面白さ、期待できる若さあり。

 お話。金庫に400万ぽちのしけた銀行。ID忘れへろおやじ、金貸せ威張り男を相手
 に行員困り顔。と、二人組み強盗、乱入。けど、金なしとわかり居直り。警官に、
 多量人質とった強盗団と大うそ。人質お客も一味の狂言。乗り易いお客。いつの
 まにか、国際テロリスト集団ってことに。へろおやじは、黒人元グリーンベレー
 なんて寸法。そんなこんな、どんなこんな?で、馴染む彼らも最後の時が。明日
 にむかって撃て風に、二人は死。かっこ良すぎ?の脇では、変なダンスの幕切れ。

 笑い、わかりやすい。威張り男を、ぺっしと叩くと以外にへろりんとか。ドリフ
 ?。ばたばたが親しめる。あかぬけはしてないけど、いー感じ。
 急降下ギャグも生き生き。時限爆弾、どの線切るかっ!、ってハイテンション盛
 り上げの中で、おやじがあっさりプチッと切っちゃうとか。客つかんで落とす、
 間合い、テンポ○。
 言葉もちょこちょこ、くすぐり。ID忘れおやじ。行員:なんか、生年月日とか
 、あるでしょ。おやじ:だめでした。船舶2等技師の資格あります。「船舶2等技
 師でチャレンジ!」。て何なの?とか(書いてるとつまらないなあ)。一発ギャ
 グみたいのいろいろ。スピード、金八先生・・いろいろぱろ。なんでもやろうの
 意欲も○。

 も少し短めがすっきりしていいとか、ギャグがくさくないかとかある。でも、
 ねこは好き。次回も期待。


坂田マギー石倉 (95.6)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


6/10(土)2:00-4:00PM 晴 下北沢・駅前劇場 ジョビジョバ プロデュース#3
 「坂田マギー石倉」 構成・演出:坂田聡、マギー、石倉力 ほぼ満員(180?)

 ハイテンションが気持ち良い、コントライブ。ジョビジョバいいなと、うれしい
 ねこ。いつもの6人組から、3人選抜。主宰マギーこと児島雄一、のっそりハイ
 テンション・坂田、のっぽでクールけど野太声・石倉。役者・個性的、けど親し
 み易くて、○。

 ねたも分かり易いの、シュールなのいろいろ。はずれなく、みんな笑えるドリフ
 みたいのりあり。テンポよくつなぐ、落ちないテンションは、えらい。
 間を他の3人いれてフィルムあり。「太陽にほえろ」から、殉職スペシャルみた
 いの。普通の公園、机やブラインドおいてのくさい芝居が可笑しい。投影ぼけて
 るのは、△。次回は本公演。浅草フランス座にて(9/13-17)。

 客入れ。整理券渡すとき、階段のこの辺に並んでくださいと、見取り図で説明。
 親切。誘導のお姉さん達も、きちん誘導で、○。

 今日のねた(終演後、タイトル+出だし台詞のねた表配布。どこまで親切なの。)
1麻雀放浪記:名うての雀師、3人。命をかけた勝負。麻雀って、3人でだめなの。
 そんなのも、しらんのか、われ。そーじゃい。ねた、ばればれやないけ。
2面接:それじゃ、(彼女)走ってみて。こっち来て、脇あげてみて。くんくん、う
 ーん、いいですよ。もろ、セクハラおやじ3人。坂田のテンション、可笑しい。
3タイムコップ:家康にてんぷら振る舞ったったわ。元気に歴史を塗りかえる3人。
4魔性の男:謎のミステリー作家に初取材。掛かってくる電話毎、人格変えて。
5家族会議:ぼく、バッファローになりたいんだ。おまえ、一度、大学行ってから
 資格をとって、それからなってもいいじゃないか。まじな応対が変でおかしい。

*フィルム・熱血刑事(でか)
6テンション高橋の:アメリカンショータイム。コンビニ帰りの山崎君の人生相談。
 坂田の生活に必要ないハイテンション演技に、あはは。
7ISIKURA FUTURE:ハードボイルド探偵を、二人が立体眼鏡でカウチポテト。
8ギオン男:サラリーマンの朝。二人が擬音で。ずれた音がおおぼけ。
9"Ho"PINGU:今日はあいつの誕生日。やかましく祝う3人。
10ランナウェイ:路上フォーク3人。イチローすげえ。女子高生いい。雑談3人。

*フィルム・表情教室
11たまに行くならこんな店:う○こ料理にグルメ。下ねたばんざい。
12情熱のマチャアキ:マチャアキ賛歌。井上○○は、×で。
13直球勝負:(内容忘れました。)
14動物生態レポート「とうりょう」:工事現場・棟梁のレポート。マギーのおやじ
 演技が可笑しい。

*フィルム・熱血刑事(でか)
15スパイ大作戦:我々の機密がもれている。おまえがスパイだ。うっ。どうした。
 毒が・・。うっ。どうした。やるせなくなって。何でも無くなるリアクションに笑う。
16ハト:とりのかぶりもので、くっくるー。そいだけ。なんなんだっ。
17体育会系ダンサーズ:力みダンスで、セクシー爆裂。
18面接2:NO.2続き。100人以上面接で死にそう。けど、すけべ心忘れず。
19さよならドラえもん:ジャイアンに恐喝されるのびた。自分でなんとかしな、
 もう俺から卒業しなよとドラえもん。ジャイアンを自力で倒したのびたは、去っ
ていくドラえもんを、追って空港へ。青春ドラマっすね。



ジョビジョバ大花火 (95.09)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


9/15(金)2:00-4:00PM 曇 浅草フランス座 ジョビジョバvol.7(0422-71-7535)
 「ジョビジョバ大花火」 作・演出:児島雄一 前売1800,当日2000,DM清算1500
 最前列上手より 満員(250)

 浅草はメシがうまいです。なんだか楽しめます。ぜひ。(ハセガワ) なんて役
 者がDMはがきに自筆勧誘書いてる、ジョビジョバ。その辺からうかがえるよう、
 そこらの親しみげなあんちゃんな彼ら。今回、長谷川さんは雑用係役。
 ストリップ小屋(ビル4F)。ロック座はAV女優がよく出ているけど、こちらはど
 うか。10/1ーから特別大興業「神崎れおなV/S浅草駒太夫」。特別で大だ。地上最
 大の決戦、サンダとガイラと脈絡なく連想。
 客入れてれてれ。30分かかる。誘導整列は親切だけど。どんどん入れればいいの
 に。お客はいかにも大学生中心。前が空いても列を詰めない馬鹿者少々。なんで
 か。つまらないとこで、大笑いすること多いのも彼ら(大抵、男)。なんでか。
 あと。かぶりつきの中央は、付く甲斐なし。前よりが○。

 お話。浅草のストリップ小屋。かつて売れっ子の駒太夫は落ち目。お笑いも受け
 るわきゃない。閑古鳥の客席に、支配人は怒髪天。3週間で3000人いれるんだ。

 今回、人情喜劇モチーフ。浅草TPOですか。コテコテ泥臭い芝居しながら、す
 かしたお笑いでとばす。台詞にゃ無いけど、「泣かせるじゃねえか、なあ->えっ
 ボイン〜だよね」、てな感じ。臭さも分からな無さも一発ギャグ風で、テンポ良
 く行くのでさらり。もっとも、今回長め、もたつきぎみ。なんでも新バージョン
 やったとか。そのせいもありか。後半、学芸会のり?のショーマストゴーオンも
 ので、盛り上げる。結構(嘘)感動させもして、ラストでおおぼけ。よいよい。

 役者。あいかわらず、元気いい。卒業旅行どこいくか、なんてパンフに書いてて
 そういう年齢。ずるめだけど老芸人役・六角さんのぼけ、支配人役・坂田さんの
 生活に必要のないテンションが○。(9/13-17 7ステ)



(下の文章の文責:一寸小丸さん)


ジョビジョバ Vol.7「ジョビジョバ大花火」9月17日7時(1:55')
浅草/フランス座 前1800 当2000 9/13〜17(7st)
作・演出/児島雄一 0422-71-7535 客200(満員)

ジョビジョバは今年の春のパル多摩の演劇フェスで優勝したとこだよね。今、けっこ
ー注目を集め、動員を思いっきり伸ばしまくっているとこだ。さすがに台風が来たマ
チネはガラガラだったそうだが、夜はぎゅう詰めちょー満員だ。メンバーの一人がこ
の秋、瀬戸朝香とCMに出演するらしい。小丸は初見。こんなに人気があるんなら、
何を言ってもいいだろね。あのさ、全然面白くなかったぞーい。

 ●浅草ストリップ小屋の踊り子&芸人(踊り子も男が男のままで演じます)。
  小屋の存亡をかけての人情喜劇。つぶれかけた小屋を、みんなの心意気で
  救う。大衆演劇仕立ての、いまどきの若者風へんな笑い演劇。

利己的遺伝子さんの紹介によると、この劇団は三宅裕司・渡辺正行・大川豊と続く、
明大系の伝統的笑いを継ぐ劇団となるそうだ。確かに、ちょっとだけずらした笑いは
「へんな笑い」としての系譜を継いでいる。がしかし、三宅さんが座付作家の大沢さ
んらと練り上げた丸腰万太ものとかの、すれすれの脱力ギャグは、当時としてはイン
パクトあったものであるが、今じゃ公式通りのべたべたのギャグの印象にしかならな
い。私には、「なんとわかりやすい笑いなんだろう」としか感じられなかったよ。

ギャグというのはもちろん役者の力量も大きく影響する。ここの役者はみんな達者で
あり、かなり可能性を持っているのもいる。それゆえに受けているところもあり、そ
うするとやっぱネタの安易さが否定できないように思う。本人達は「へんな笑い」と
意識していると思うが、ちっとも変じゃなくて、オーソドックスと言えるもんだと思
うよ。

つまりさ、スーパーエキセントリックシアターにはアミューズがついたけど、ジョビ
ジョバにはつかないと思うなあ。芸風としては浅井企画あたりかな。どっちでもいい
けど。

なんか、ピスタチオといいジョビジョバといい、伝統的な小劇場のやりかたに、ヒネ
リもなんにもなしでやってるけど、それでいいんかいな。受けてるからいいのか。
ま、客が入っているから、いいんだろな。

見終わって「客出し音楽はやっぱジプシーキングスのジョビジョバなのな。
      まんまだ。」


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)