女學生の友


概要

構成員
主な作家
女學生の友
主な演出家
大山あゆみ
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.11 かいかむり (91.3)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


女學生の友 Vol.11「かいかむり」3月24日7時半(1:45')
池袋/文芸坐ル・ピリエ 前1500円、当1800円 3/21〜25(8ステ)
作/女學生の友 演出/大山あゆみ 03-3299-4358 客40(5割)男女=5:5

役者からスタッフまで完全女性。こだわってる。86/1結成。元高取と元螳螂。

やっぱ必死こいて作ってるのわかるから「良かったね」っつって無難に済ます
わけいかないや。「あめ〜んだよっ!」

継母と義姉に虐げられる9人のまま子。憧れの舞踏会の王子様。魔法使いなん
か来っこないから、自分でドレス盗んで、いざ。んだけど現実の王子様は毛深
かかったりする。理想とのギャップは大きい。あたしゃ降りるわ。てことで、
また時間は過ぎ、日常に幽閉され、火の粉が降りかかり、ダメ出しがある。ざ
けんじゃないわよ。あたしゃメゲないわ。もういっちょう。

エンディングがかっこいい。でも、ヨーロッパ演劇の影響ですかねぇ、ダンス
にしろ歌にしろ、やろうとしてる事と実際のレベルが違い過ぎる。まあ2年経
てば身体も切れるようになるだろうから継続だ。初期のNOISEからコトバ
遊びを除いたパフォーマンス性の強い舞台。芝居の部分を整理して、テンポ出
すと面白くなるだろう。まだまだ甘いけど、やろうとしてる事、かっこいい。

見終わって「あのチラシは違うだろ。まっ、次も見てから考えようっと。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)