かたつむりの会


概要

構成員
主な作家
別役実
主な演出家
村井志摩子
主な役者
内山森彦
楠侑子
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

招待されなかった客(93.10)

(下の文章の文責:まねきねこさん)

 
10/24(日)7:00-8:15PM 晴れ 渋谷・ジァンジァン かたつむりの会
  「招待されなかった客」 作:別役実 演出:村井志摩子 客席8割

 漠とした不安。闇と風の音。魔女ものがたり、その1の再演。
 
 お話し。ソートン・ワイルダーのわが街を、魔女の時間の中で再生する。
 神父(内山森彦)の訪ねたのは、魔女(楠侑子)の家。招待状をもって。
 それは、何十年かまえに、グローバーズ・コナーズにいたエミリーからのものだった。
 無銭乗車をとがめられた神父。その時、出てきたのがその手紙。住所を訪ねて
 金を借りるよういわれたのだ。よもやま、二人の記憶の内に。テーブルの上に
 作られたわが街のミニチュアから、ソートン・ワイルダーの世界が広がる。
 そして。神父はかつて、魔女狩り担当であったため、破門されたと告白する。
 魔女のまた、エミリーの願いを聞くため、魔法を使い、スポイルされていた。
 自分に言い聞かせなければ、神父でも魔女でもない。風のなか、あてどもなく旅立
 つ二人・・。ミニチュアでは、カーニバル。まわるメリーゴーランド。

 わが街を知っていれば、目の前に舞台が広がる。そして、その街を知る神父と
 魔女もまた、お客の前に存在することになる。しかし、話しの上では。二人の
 存在の証しがないこと、この不安感。心に風がふいたお芝居。
 ひさびさに観て。この後のシリーズ。魔女が段々ふてぶてしくなってるのを
 再確認する。


消えなさい・ローラ(94.6)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


6/17(金)7:00:10PM 晴 渋谷・ジァンジァン かたつむりの会
  ”消えなさい・ローラ”  作:別役実 演出:村井志摩子 客席9割

 原作を彼方からみた”ガラスの動物園”。謎解きのような面白さと乾いた哀しさ

 お話し。”ガラスの動物園”から年月を経て。廃屋のようなアパートの一室。
 テーブルには、砂に埋もれたガラスの動物達。トムが家出した後、母親と
 二人暮らしのはずの部屋には、ローラ一人。姿が見えない”母親”と会話する
 彼女。と、そこに葬儀社と名乗る男がたずねて来て・・。

 ローラを追想するトム。彼の追想を見つめる原作者T.ウィリアムズ。それらを
 離れた位置眺め、真意に思いを巡らす別役実の新作。
 荒涼感と行き場のない哀しさの原作、その後味がそのまま。狂気に閉じこめられ
 たローラの姿には息が詰まりそう。息抜きは、男とのやり取り。奇妙な可笑しさ
 乾いたユーモアでさらり。”サイコ・スリラー”の謎解きのような中盤も楽しめ
 る。けど、ちとめげた。苦手な作品。


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)