銀色昆蟲館


概要

構成員
主な作家
上野卓彦
主な演出家
上野卓彦
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

神隠しの小径 (90.11)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


銀色昆蟲館 「神隠しの小径」11月10日7時(1:35')
新宿/アートシアター新宿 前2000円、当2300円 11/9〜11 大阪11/23〜25
作・演出/上野卓彦 075-255-0247 客40(男女=5:5)

出演者はほとんど5人。でも回り舞台を使ってしっかり仕込んでた。京都在。

昭和45年11月25日、三島由紀夫が自決。そのことが何度も語られる。
平岡君が登場する。確か三島って本名平岡だったよね?(んなことも知らな
い私)。さらに三島由紀夫を名乗る、軍服の男。そして「花ざかりの森」を
持つ文学少女(どっちかと言うと、そのムキになりかたで演劇少女と言いた
い)。平岡くんと少女が森の中へと紛れ込む・・・。

普通そーゆー言い回しはしねーだろー、って気になってた。あと、やたら難
解な表現が多い。で、それがたくさんのモノローグで語られる。どしてもモ
ノローグは説明になっちゃうんで、それが小難しいことばで言われると、集
中が逸れる。歌も、使い方は唐っぽいんだけど、入り方がトートツだなあ。

見終わって「結成10周年らしいが、芝居の方向性が定まってないんじゃ。
第一世代的ですが、こじんまりしてるし・・・。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)