南青山少女歌劇団


概要

構成員
主な作家
主な演出家
知念正文
主な役者
大越史歩
駒崎香織
世永亜実
菊沢美和
西篠由利
堀川由理
坂爪加奈
西崎和子
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
http://www.spacecraft.co.jp/nan-sho/

過去の公演

劇団リストのページへ

憑いてますか

● アイドルの学芸会のようなものを想像していたのですが……。

● いい舞台でした。

● 主役をやった大越史歩がかなりいいです。何よりも表情がすご
く豊かです。最初はただのどんくさい少女にしか見えませんで
したが、劇がすすむにつれてどんどん魅力が溢れてきて、最後
はむちゃんこかっこいい。

● 他の役者は、駒崎香織・世永亜実など数人がかなりいい線いっ
てて、残りはまあ演技はぎこちないです。男役をきゃしゃな少
女がやらなきゃいけないのもつらいところです。

● でも、ダンスはかなりのものです。とてもよく訓練されている
し、生き生きしています。カーテンコールは特に、ほんとにす
ばらしかったです。

● 全体的に、すごく活気があって、なんていうか、がんばってる
なあ、このコたち、という感じです。もちろんみんな可愛いで
すしね。

● ストーリーは、死んだ女優の霊が普通の女の子に取り憑くとい
うもので、おおざっぱに言えば自分さがしのお話です。この劇
団?にはとてもうまくマッチしています。

● 二幕のはじめに、入江雅人が出てきてラジオ(ニッポン放送の
金曜夜の番組)形式で日替わりゲストとトークをします。僕の
みた回は、鶴光の番組のアシスタントをやってるお美和子様で
した(本名忘れた)。ラジオ同様、ぼけまくってました。週末
は、犬山犬子や古田新太も出るとか……。

● 客席は6割程度の入りでした。当日券でも余裕でしょう。
客層は、割と家族連れが多かったようです。アイドルの公演と
いう感じ?ではあまりなかったです。

----------------------------------------------------------
 【憑いてますか】 南青山少女歌劇団 夏公演
   (ニッポン放送開局40周年記念ミュージカル)
 原作:池沢理美 脚本・作詞:水野麻里 構成演出:知念正文
 出演:大越史歩(桃子)駒崎香織(アンナ)世永亜実(玲香)
    菊沢美和 西篠由利 堀川由理 坂爪加奈 西崎和子 他
1994.8.1-14 博品館 全指 8/10wed ソワレ 3列目 客席6割
----------------------------------------------------------


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)