OHOHO商会


概要
WAHAHA本舗の若手が結成。むちゃな芸を披露。

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

すったもんだパラダイス (91.4)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


OHOHO商会(旗揚げ)「雑・エンターテイメント〜すったもんだパラダイス〜」
4月6日7時(1:40') 明大前/キッドアイラックホール 前1500円、当1800円
4/5〜7(5ステ) 演出/喰始 03-3406-4472 客90(超満員)男女=2:8

WAHAHA本舗の若手が独立ユニットとしてデビュー。その素人芸が
どこまで通用するか、それはそれは恐るべき暴挙。あたしゃ、怖いもの
見たさで・・・。どんどん押し寄せる客のため、気がつくと最前列中央
になった。恐怖100倍。

滅び行く地球を救うため、神に選ばれし9人の芸人。最後の7日間で、
神を満足させられるか。命懸けの宴会芸が始まる。

そりゃあもう下ネタ。「僕のオ○ニーアラカルト」「芸能人○マ○コ漫
談」「妊婦漫才」「SM大喜利」、身体を張っての「プロレス漫才」な
ど、全然ひどい。初期のWAHAHAが客席にバラ巻いた「中身の入っ
たコン○ーム」「中身の入ったゴキブリホイホイ」に比べると、「使用
済みティッシュ」なんか・・・あぶなかったぞ。でも全体に弱い弱い。

しかしダンスはいい。女優陣が巨大な○ンポンを持って踊るのと、男優
陣の股間から伸びた「直径5cm長さ2m」を使っての群舞は秀逸。

見終わって「書くの赤面です。しかし、やってる君らは恥ずかしくない
のか。御両親は泣いているぞ。クニへ帰れ。じゃなけりゃ、
あと3倍、自分を追い詰めろ。」



死霊の裸天国、地獄の銭湯 (93.12)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


12/24(金)7:30-9:15PM 晴れ 下北沢・ザ・スズナリ オホホ商会
 「死霊の裸天国、地獄の銭湯」 作:オホホ商会  演出:喰始 満席

 オホホ、面白くなってた。適度?に危ないのも○。ハー、ビバノンノン。
 森君のトンチ、森岡君の元気、斎藤さんのほこほこ。が、オホホじゃ好き。
 しばらくぶりだったけど、しっかり笑えます。自信がついてきたのか?。
 客もワハハ系。舞台についてきてて、良い反応。どっちも良い感じ。

 さて。入場前に、幽霊が頭につける三角のやつをつける。外で。けっこう
 はずかしい。客200人が皆つけてるのは、結構すごい。これが蛍光で
 光ったりする。おおっ。山の手事情社の蛍光マスクを思い出したりして。

 今日のネタ
 1ゾンビサンタ 前説      :森のはしゃぎ。まずは笑いをとる。
 2キョンシー・コーラスライン  :なるほど。喰さんらしい、オープニング。
 3講談「死霊の裸天国、地獄の銭湯」:しりあがり寿みたいなギャグ。
  最後は裸で前隠しだけババンバ・バンの舞台乱入。阿鼻叫喚。あはは。
 4SEXピストルズ シド・ビシャス 降臨   :森岡の舞い上がりひとりテンション。
 5クリフ・ハンガー 冒険漫談家  :ギャグを外すと真っ逆さま。
 6燃えよドラゴン寄席       :ドラゴン染乃助、染太郎はいいやね。
 7クリフ・ハンガー 冒険漫談家     :新人新田を支えて。新田コール起こる
 8*オークション :なんとチン拓色紙のオークション。吹越、梅ちゃんのも出た
 9ガラスの仮面劇場:これが一番笑った。純文学をアニメ設定でやる。
  蟹工船->ナウシカ、楢山節考->サザエさん、雪国->ドラエモンてな感じ。
  10以上やって、受けてました。
10東京スカトロコミックショー        :カモン、スネーク(ウ*チ)。
11クリフ・ハンガー 冒険漫談家の最後
12連続ドラマ「梅の湯はおおにぎわい」:銭湯でしてはいけないことをする
  と、フロ番デカ・サキがやってきて・・。漫画ネタが多いなあ。
13*ジャンケン大会:賞品は、ワハハ本舗忘年会IN屋形船(12/25)のご招待。
14対決とんま大王 :結局、受けなかった昔のネタ大会となる。ちと長い。


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)