酸素工場


概要

構成員
主な作家
酒井啓介
主な演出家
酒井啓介
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.13 XY年 Brain Doll (90.11)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


酸素工場 Vol.13 「XY年 Brain Doll」11月17日2時(1:40')
池袋/文芸坐ル・ピリエ 前2000円、当2200円 11/16〜18
作・演出/酒井啓介 03-971-3348 客50(男女=3:7)

創立10年とは言え、まだまだ若い劇団。一部古参役者と若手との落差が
大きいが、パワーでがんばってる。

精神的な病気の治療に、人工的にプログラムした遺伝子を持つ脳神経を外
科的に移植する。それは、脳の欠陥部分を補修するのでも、代替するので
もなく、海馬から小脳、大脳までを食い尽くして、全く新たな脳となるこ
とがプログラムされていた。しかし実験は、左脳と右脳とを間違えるとい
う初歩的ミスから、予想外の展開となり・・・なんだかようわからん。

あまし話しがまとまってない。決して褒められないコトバ遊びが話しを散
漫にしている。センスと違うよ。役者はまだ素人だから複雑なセリフ苦しい。

見終わって「なんか、どっかで見たよーな役者がいる。芝居すべてに個性
がない。どっかを強くしないとさ。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)