[sei]


概要

構成員
主な作家
加島修
主な演出家
山口あきら
主な役者
高木小夏
荒木久志
坂本恵美子
藤山めぐみ
馬場伸晴
松尾徹
児玉信夫
主なスタッフ
美術:野村真紀
照明:高山晴彦
音響:高橋淳
舞監:河童オサム<
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

カリギュラ


======================================================================
    【 カリギュラ 月を欲しがった女帝 】   劇団[sei]    
--------------------------------------------------------------------
「悪」や「死」が色濃く漂う祭祀的な舞台。カリギュラはここでは女帝で 
、幻想的な舞台を狂気じみた暴虐で満たしてゆく。自殺ゲームや浮浪者狩 
りなど現代社会の病巣を描くシーンや、短いせりふの集団連呼、不気味な 
舞踊などが合間に挿入され、イメージを増強する。物語的な意図は感じに 
くいが、祭祀としての迫力はある。カリギュラ役の高木小夏が熱演。 
======================================================================
 6/12マチネ                 あとくれ 6/19まで

 《感想》

  ・最前列でみたのだが、非常にみにくかった。舞台が左右に広いし、下か
ら見上げる感じだったので、疲れてしまった。暑苦しいし。それで、芝
居にあまり集中できなかった。

・冒頭からテンションは高く、祭祀的なイメージはうまく出ていたように
 思う。でも、心を揺すられるということはなかった。舞台の上の「悪」
 「死」のイメージは、僕の中のそれとは結びつかなかったから。

・カリギュラ役の高木小夏(だと思うが確認できない)は、大変な熱演。
 女カリギュラのキャラクターとしては、大成功といえる出来ばえ。

----------------------------------------------------------------------
 【カリギュラ 月を欲しがった女帝】 劇団[sei] Vol.11
  原作:アルベール・カミュ 潤色:加島修 演出:山口あきら
  美術:野村真紀 照明:高山晴彦 音響:高橋淳 舞監:河童オサム
  出演:高木小夏 荒木久志 坂本恵美子 藤山めぐみ 馬場伸晴 松尾徹
     児玉信夫
  1994.6.11-19 中野:スタジオあとくれ 全席自由(前2800 当3000)
  6/12(日)14:05-15:25 最前列中央より観劇 客入り:7割?
----------------------------------------------------------------------


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)