終電車


概要

構成員
主な作家
長谷部聖司
主な演出家
長谷部聖司
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.5 異人さんこんにちは!1991春 (91.4)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


終電車 Vol.5「異人さんこんにちは!1991春」4月7日(楽日)5時(1:30')
新宿/アートシアター新宿 前1000円、当1200円 4/5〜7(5ステ)
作・演出/長谷部聖司 045-336-0107(ハセベ) 客40(8割)

88/12結成。横浜国大出。本作は88/4横浜国大で初演。長谷部の処女作。

失踪した詩人の父親を捜す、若い刑事の次元君。老いた母親と二人暮らし。
そこに次元を歪ませ、時間と空間をひずませる異人さんが。若い頃の母親と、
若い同僚刑事と、子供の頃の自分に出会う。異人さん即ち若き父親の登場は
すべてを破壊することとなる。

とかなんとかやってるけど、知らん。まとまってないもの。学生演劇の延長。
アマチュアのアングラ。とっても熱演してるし、やたらカッコイイ男いるか
ら、使いようなんだけどなあ。観念的な世界に留まってないでさ。演劇の方
法論がアングラで、セリフは今なんだけど、オーソドックスだよなあ。

見終わって「つらいと思うけど・・・、大きなお世話か。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)