月影十番勝負


概要
新感線の高田聖子をフィーチャーした企画。

構成員
主な作家
中島かずき
主な演出家
主な役者
高田聖子
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

ねぇ!キスしてよ (95.07)

(下の文章の文責:まねきねこさん)


7/29(土)2:00-3:40PM 晴 新宿・シアタートップス R・U・P P(03-3372-6262)
 月影十番勝負 第壱番「ねぇ!キスしてよ」 作:中島かずき 演出:堤泰之
 前売、当日3500円 後方上手より 客席満員(200)

 友情の始まり?。役者個性が魅力。ギャグ多。「今日のねた」をと、ちら思う。

 お話。人格入れ代わりスラップスティック、SFぽい、ちょっといいはなし。
 最初どーなるかと。演技での違いわかんなくて。人格入れ変わりで一瞬ねこ混乱。
 でも、定番のくせ演技はおくとして、慣れると分かるものです。
 結構どーしようもない深刻なお話、当人には。ほどほど演技、演出なのが、軽め
 で○。真にせまると、重くなっちゃうから。ラスト、性別を越えた友情みたいな、
 結び付き感じる。温かい気持ちねこ。
 
 高田聖子、広岡由里子、犬山犬子のくせあり女優。持ち味で期待に応える。犬山
 さん、一番器用にレパートリー。少年ぽい青年、抜けてる人、賢いねえさんとか。
 実のところ、3人の「吹き矢」演技が観れたのが、一番嬉しかったフェチねこ。
 (7/19-23大阪 7/26-31東京)


劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)