雑誌わらし


概要

構成員
主な作家
主な演出家
主な役者
主なスタッフ
劇団の公式ホームページ
不明(たぶんない)

過去の公演

劇団リストのページへ

Vol.1 赤ちゃんのおムツは貞操帯I (92.6)

(下の文章の文責:一寸小丸さん)


雑誌わらし Vol.1「赤ちゃんのおムツは貞操帯I」6月20日2時(1:20')
錦糸町/スタジオ錦糸町 1500円 6/19,20(2ステ)
出/門間葉月・早加奈央 問/03-3443-4774浅井企画 客60(6割)

夢の遊眠社や上杉祥三プロデュースの公演に参加していた門間と、テレビ、ラジ
オでタレントしてる早加が、「雑誌わらし」としてユニット結成。門間は小劇場
ルーツっぽい芝居、早加は声優出身ノリ、異質な二人のコントグループ。

ふたりとも、けっこういい歳にちがいない。ちょっち恥ずかしい。

客入れ中の30分程のラジオ番組パロディ「葉月と奈央のゴールド・ラッシュ」
に続いて、ショートコントが10本。コントと言っても、それぞれかなりの二人
芝居です。タイトルは「現世の手前」「空飛ぶ赤ちゃん」「赤ちゃん自慢」「自
閉症の遊び」「ひらけ!ポンキュッポン」「漫才」「一発コント集」「インチキ
霊媒師」「死後お世話人」「リーインカネーション」。笑えるのもあるが、そう
でないのもある。門間さんのテンションの高さ、芸達者さに比べ、早加さんの、
声優レベルの芝居が苦しい。声と口調のバラエティさでごまかしてるけど、それ
は通用しないよう。全部見えてんだからさ。表情とか中途半端だ。

見終わって「コントっぽくないのが面白いけどネタはオーソドックスです。やっ
ぱ浅井企画だよねぇ。よく稽古してるのは感じるけどさ。」



劇団リストのページへ
にしかど(nskd@enpe.net)